備忘ろがーのblog

分からなくて調べたことや、その時面白く感じたことなどを備忘録的に綴っているブログです。

今までの製品はなんだったのか?突っ張り棒の概念を変える「DRAW A LINE」

f:id:ty-voix:20170610160632j:plain

 

どうも、tyです。

 

 

 

シンプリストとして生きているtyは、極力家具や荷物を減らしたいと常日頃考えています。

 

荷物が少ないと身動きが取りやすいんですよね。

 

全て抱えて…とまでは行かずとも、半日レンタカーを借りるなり知人に手伝ってもらったりすれば、引越し業者に依頼することなく引越しを完結させるくらいはできてしまいます。

 

部屋は狭くてもいいけど、ちょっとくらい収納はほしい

 

荷物が少ないので広い部屋を借りる必要もなく家賃を抑えて生活することができるのですが、狭い部屋って収納が少ないんですよね。

 

いくら物が少ないとはいえ小さめのクローゼットくらいあると助かります…みたいな気持ちになることも少なくありません。

 

そんな時はだいたい突っ張り棒を使って収納を生み出します。

 

こいつはちょー便利です。

 

服は掛けられるし2つ使えば棚になるし。

 

シンプリストのお供です。

 

かさばらないから荷物になりませんしね。

 

お洒落な上にカスタマイズもできる突っ張り棒、爆誕

 

そんな便利な突っ張り棒さんですが、便利な反面、生活感がエグいという弱点があります。

 

「まぁ、 それは致し方ないよな。そんなことより便利な突っ張り棒探そ♪」

 

と思ってより利便性を高めた突っ張り棒を探していると、何ともお洒落な突っ張り棒を発見!

 

それがこちらの「DRAW A LINE」です。

 

www.heianshindo.co.jp

 

f:id:ty-voix:20170610162953j:plain

f:id:ty-voix:20170610163008j:plain

f:id:ty-voix:20170610163022j:plain

 

おしゃれやなぁ…

 

突っ張り棒で作ってるとは思えないっすね。

 

ランプとかええやん。

 

材質も一般的な突っ張り棒のプラスチックと違い、スチールを採用しているとのこと。

 

残念ながらというか当然ながら普通の突っ張り棒よりは高いです。

 

突っ張り棒本体は約6000円程度、テーブルも約5000円くらいです。

 

でもほしいなー。

 

検討しよ。

 

 

広告を非表示にする