読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘ろがーのblog

分からなくて調べたことや、その時面白く感じたことなどを備忘録的に綴っているブログです。

フリーランスとして働くメリットとデメリット

f:id:ty-voix:20170518045101j:plain

 

どうも、tyです。

 

 

 

通勤することや会社に赴くことをこよなく嫌うtyは、目下フリーランスを目指して色々と取り組んでいます。

 

今回は、フリーランスとしてできる仕事やフリーランスになるメリットやデメリットなどについて思うところを書いてみたいと思います。

 

フリーランスとしてできる仕事にはどんな種類があるのか?

 

フリーランスとして独立しやすい仕事としては、ライターやコピーライター、デザイナー、エンジニアなどの制作系の仕事が多いのかなと思います。

 

講師やコンサルタントなどといった専門性の高い仕事も独立してやっていけそうですが、tyには関連がなさすぎますね。

 

プロ級のスキルや難関資格を持っていなければ独立することが不可能というわけではないですし、重要なのは自分のしたいことと社会のニーズを一致させるということだと思っています。

 

フリーランスで働くメリットやデメリットは?

 

フリーランスとして働くと、ほとんどの時間を自分の使いたいように使うことができます。

 

会社を辞めてフリーランスとして働きたいと考えている人でこの部分に魅力を感じる人は多いと思いますが、逆に言えば自制して時間をコントロールしなければいけないということでもあります。

 

簡単そうに思うかも知れませんが会社勤めが長いほど難しいです。

 

大概の場合、多くの誘惑に耐えきれず1日を浪費してしまい仕事が捗らないでしょう。

 

自分が自制して時間を有効に使うことができるのかを知りたい時は、週末を使って実験してみるといいですよ。

 

事前にスケジュールを組んで、その通りに行動できるかで判別することができます。

 

もちろん、スケジュールの内容は楽しいことばかりにしては意味がありませんからね。

 

やらなきゃいけないこと、いつかやりたいと思っていたことなどをスケジュールに反映して一つ一つこなしていくことができればフリーランスになる素質はあると言っていいでしょう。

 

広告を非表示にする