読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘ろがーのblog

分からなくて調べたことや、その時面白く感じたことなどを備忘録的に綴っているブログです。

FF14に面白さを見出せない件

f:id:ty-voix:20170514162030j:plain

 

どうも、tyです。

 

 

 

先日、知人から「どうしても一緒にFF14がやりたいんだっ!」と言われてPS4をもらいました。

 

ty-zakki.hatenablog.jp

 

新しいゲームがプレイできるのは本当に嬉しいし、PS4にはYouTubeでゲーム実況を見ていてやってみたいなーと思ったタイトルがたくさんあるので、もらったときはかなりテンションが上がりました。

 

ただ、FF14を一緒にプレイして欲しいという理由でPS4をもらっているので、そこをないがしろにして他のゲームをプレイするわけにはいきません。

 

ということで、これまでFF14をプレイすることに精を出してきたわけですが…

 

何となくすごく疲れるゲームである

 

疲れます。

 

ただただ疲れます。

 

求められることがとても多いのです。

 

FF14にはダンジョンってものがあるんですが、ダンジョンに挑むにはオンラインでプレイしている人の中からパーティーを組まなければいけません。

 

知り合いでプレイしている人、全く知らない人のどちらでもいいのですが、とりあえず最低でも4人のパーティーを編成することを要求されます。

 

そして、このダンジョンを攻略するには

 

「予習」が必須

 

だと言うのです。(知人談)

 

ゲームってやりながら覚えていくのでは?

 

ty「え、やりながら覚えればいいんじゃないの?」

知「んー、道とかギミックの処理とか覚えないと一緒にパーティー組んでる人に迷惑掛かっちゃうから検索するなりYouTube見るなりは必要だね。」

 

仕事ですか?

 

ゲームってそんな感じだったけなぁ…

 

tyはまだレベルが低いのでダンジョンの難易度も低いし、同行してくれる人もtyが初心者だからか許してくれてる感じはしますが、レベルが上がるにつれてこの傾向はどんどん強くなるそうです。

 

知人曰く、

 

・新規は来るな!

・初心者は来るな!

・下手な奴は来るな!

・予習していない奴は来るな!

 

みたいな世界らしいです。

 

罵倒されることも珍しくないそうな。

 

個人のプレイスキルはあまり関係ない?

 

ダンジョンは道を覚える、パターンを覚える、ギミックを覚えるなどなど様々な事前準備をして初めてスタートラインに立てます。

 

個人のプレイスキルはあまり意味を持たず、こう来たからこう返すといった作業に近い行動を機械的に行うイメージ。

 

出来ることがスタートライン、出来なければ文句を言われる減点方式。

 

大縄跳び方式なんて言われることもあるそうですね。

(自分の頑張りや、優秀なパーティーメンバーのおかげでクリアできたといったポジティブな評価ではなく、自分や誰かのせいでクリアできなかったといったネガティブな評価が与えられる環境)

 

オンラインゲームには真逆のイメージを持っていました

 

優秀なプレーヤーが初心者を助けることで上手くなっていくっていうのがオンラインゲームなのかと思っていましたが、全く逆でした。

 

初心者が何もわからない状態から自分なりに勉強や予習をして上位プレーヤーに迷惑を掛けないようにプレイするのがオンラインゲームみたいです。

 

他のゲームをプレイしたことがないので断言するのは良くないかもしれませんし、FF14のシステム上そうなってしまうのも致し方ないのかもしれません。

 

ともあれ、とにかく疲れるゲームだなぁと思いました。

 

FF14は無料でプレイできる期間が30日間付いているので、その間だけでも頑張ってみて面白さを見出したいと思っています。

 

広告を非表示にする