備忘ろがーのblog

備忘ろがーのblog

分からなくて調べたことや、その時面白く感じたことなどを備忘録的に綴っているブログです。

どうしても働きたくない男が仕事に行かなくても生活する方法を考えてみる

スポンサーリンク

f:id:ty-voix:20170411055220j:plain

 

どうも、tyです。

 

 

 

みなさんは働きたくないと思ったことはありますか?

 

満員電車に乗りたくないとか、仕事で失敗して上司に叱られるのが嫌だとか、何となく好きになれない同僚がいるだとか、体調が優れないなど働きたくない理由というのはいくつもありますよね。

 

多くの人は働きたくないという思いとは裏腹に、働かなければ生活ができないと思って仕事に臨んでいることと思います。

 

働かないで生活ができれば一番だけど、そんな虫のいい話があるはずがないと。

 

やっぱり働かなければ生きていけないのか?

 

とはいえ、働かずに収入が得られるという夢のような話を捨てきれない人は少なくないはずです。

 

特にtyは人一倍その気持ちが強いと自負しています。

 

ということで、実現する方法がないのかいろいろと調べてみました。

 

tyが実践している方法というわけではありませんが、参考までにご紹介します。

 

 

 

■不動産収入を得る

 

個人的に不労所得の王道だと思っている方法です。

 

アパートやマンションを建てて家賃収入を得ることができます。

 

親がマンションを所有している知人がいますが、将来相続できるのかなーなんてことを考えると羨ましい限りです。

 

それなりに知識も必要でしょうし、そう簡単な話でもないのかもしれませんが。

 

 

 

■ブロガーとして収入を得る

 

これはtyが目標の一つとしていることですね。

 

文章を書くことが苦じゃない人には向いていると言えます。

 

美容系、アニメ、ゲームなど何かに特化して書く方がいいみたいですね。

 

tyのブログはかなりとっ散らかっていますがw

 

主に収入は広告収入になるかと思います。

 

 

 

アフィリエイトサイトから収入を得る

 

これもtyが目指すお金の稼ぎ方の一つです。

 

自身のサイト上に広告枠を設け、そこに掲載した広告から商品が売れたり契約が結ばれることで広告費として報酬を得る方法です。

 

ASPアフィリエイトサービスプロバイダ)というサービスに登録し、ASP経由で自分の好きな広告主を選び契約をします。

 

仲介役としてASPが入っていますので、商品が売れたり契約が成立しているのに報酬が振り込まれない!といったことはありませんので、安心して利用できます。

 

作成したアフィリエイトサイトが軌道に乗ってしまえば、あとは定期的にメンテナンス程度の作業を行うことで継続的に報酬を得ることができるようです。

 

その段階までいってみたいものです。

 

 

 

株式投資で収入を得る

 

世の中の動きや経済に関することに興味がある人におすすめなのが株式投資です。

 

毎日ニュースを見る人や、新聞を読んで経済のことを知ることが楽しいという人は取り組んで見る価値があると思います。

 

tyは全く興味がないので手が出ませんね。

 

 

 

■ユーチューバーになって収入を得る

 

最近、何かと話題のユーチューバーも運が良ければ大金を稼ぐ手法の一つになります。

 

歌ってみた動画や踊ってみた動画はそれなりに視聴者もいます。

 

プロになることは叶わなかったけど、人前で何かをしたり人に喜んでもらうことが好きだという人には向いていると思います。

 

ユーチューバーもやってみたいですねー。

 

tyは元々歌手になりたくてオーディションを受けて上京してきていますが、結局挫折して今は何をしていいかよく分からない状態です。

 

でも歌うことは好きなので今は仮歌のお仕事をしたりしています。

 

誰か一緒に歌ってみた動画作ってくれる人、いたらご連絡くださいまし。

 

つまりは趣味を活かして収入を得るということ

 

ここまで紹介してきたことの多くに共通することですが、結局は好きなことをしてみましょうよってことです。

 

好きでもないことで収入を得ようと頑張っていては結局仕事をしているのと変わりません。

 

時間も忘れて没頭してしまうようなことで収入を得られれば、働いているという感覚ではなくなるわけですからね。

 

インターネットの発達によって、自分の趣味を活かしてお金を稼いでいる人はどんどん増えています。

 

働くために生まれてきたわけじゃないんだから、自分の生活がつまらないものに感じている人は一度真剣に働かないという選択について考えてみるのも悪いことではないんじゃないかと思う今日この頃です。

 

広告を非表示にする