備忘ろがーのblog

備忘ろがーのblog

分からなくて調べたことや、その時面白く感じたことなどを備忘録的に綴っているブログです。

【Patch 1.9.4】Dead by Daylight アップデート情報!! Part 2

f:id:ty-voix:20180412163753j:plain

 

どうも、ty(ティー)です

 

 

先日に引き続き『Dead by Daylight』のアップデート情報について書いていきます〜

※前回の記事はこちら

ty-zakki.hatenablog.jp

今回は、「ゲームバランス調整」と「バグ修正」についてでっす(`・ω・´)

説明というより羅列していく感じになるかと思いますがよろしくどうぞ〜

 

 

ゲームバランスの調整

 

■ポイント増加

・生存者の得点行動の加算値、および加算率の変更

チェイスで殺人鬼を振り切る、チェイス時の毎秒のスコア、オブジェクティブカテゴリの協力ポイント増

(なんでオブジェクティブカテゴリなんだろう…)

 

・BP(ブラッドポイント)増加系オファリングの効果増

 - 「コモン」の『匂い袋』,『リース』系オファリング:25% → 50%

 - 「アンコモン」の『新鮮な』,『信心深い』系オファリング:50% → 75%

 - 「レア」の『いい香りの』,『熱烈な』系オファリング:75% → 100%

 - 「レア」の『縛られた封筒』:15% → 25%

 

「各カテゴリ増加」のオファリングは25%増、「全員増加」のオファリングは10%増って感じでしょうか

ただし、キラーの全カテゴリ25%増は据え置きのようです

 

バグ修正

 

多数のバグの修正が入りました

(代わりに多数のバグも発生しまs…)

マッチ自体にそこまで関係のないもの、個人的にどうでもいいものは割愛して紹介していきます〜

 

■マッチ外

・ブラッドウェブに出現したパークを取得しない限り同じパークが出現し続けるバグ修正

・マッチ開始前にオファリングの説明文が表示されないバグ修正

・マッチ開始前のローディングで止まるバグ修正

 

■マッチ時

・殺人鬼の能力が地面に落ちているバグ修正

・観戦モード中、観戦中以外のプレーヤーが死亡、および脱出した際にカメラ視点がおかしくなるバグ修正

・ポイントリザルトがプレーヤーごとに異なるバグ修正

・『シェイプ』のマップで杉と生け垣の間を通れないバグ修正

・『ハグ』の罠の作動音がマップ全体に聞こえるバグ修正(60m以内に変更)

・『ナイトメア』のアドオン『赤いペイントブラシ(Red Paint Brush)』が「脅威範囲」ではなく「チェイスBGM」を減少させるバグ修正

・生存者の足跡が意図するよりはるかに遠くに表示されるバグ修正

(キラーをプレイしているユーザーから歓喜の声多数w)

・『タップ刑事(DAVID TAPP)』のパーク『張り込み(Stake Out)』が殺人鬼に運ばれている最中でもトークンを取得できるバグ修正

・生存者の足音と呼吸音が意図するより小さいバグ修正

(実際にプレイして確認済みですが、現在も継続調査中のようです)

 

■現在も発生しているバグ、および修正中のバグ

・殺人鬼が『ドクター』の場合、リザルト画面にてプレーヤーが切断をすると他の全てのプレーヤーがクラッシュする

カニバルがチェーンソー後に即攻撃をするとチェーンソーの音が発生する

・ハントレスの斧投げで画面に血しぶき(遠距離攻撃なのにおかしくね?的な)

・移動ができなくなる(生存者側)

 

※未確認ですが、音バグが発生しているとの情報あり

・生存者を担いだ時にチェイスBGM発生

・フックから救助した時に「カンッ」という謎の音

・発電機を蹴る音のボリューム増

確認次第追記していきます

 

まとめ

 

こんなところでしょうか!

修正されたバグは他にもたくさんあるので気になる方は下記リンクからどうぞ〜 

【4/11更新:1.9.4】アップデート情報(日本語訳) :: Dead By Daylight Japan

 

なんとなく、殺人鬼超絶強化アプデな感じがしますね

殺人鬼をプレイしているユーザーからも

「ぬるゲーになったw」

「足跡表示がしっかりしてるだけで全く見失わない」

「生存者の声めっちゃ聞こえるw」

などの意見がたくさん飛び出しております

 

個人的には、これまで生存者側をあまりに優遇していた気がするのでこれによって殺人鬼をプレイするユーザーが増えてくれればいいなーと思っています!

欲を言えば、『決死の一撃(Decisive Strike)』『セルフケア(Self Care)』を弱体化してほしいところです!

(生存者目線で言ってます!鬼はもっと圧倒的でいい!)

 

ってことで、今回はこのへんで終わりにします

 

ではでは〜

 

【Patch 1.9.4】Dead by Daylight アップデート情報!! Part 1

 

どうも、ty(ティー)です

 

日本時間4月11日深夜に『Dead by Daylight』のアップデートがきました!

(おそらくPC版もPS4版も同時)

とりあえず今回はアップデートの目玉であろう『エンブレムシステム』についてメモ的に書いていきたいと思いますー!

 

 

『エンブレムシステム』実装!

 

Patch 1.9.3以前の査定システムに代わり、新たに設けられたランク上下の基準となるシステムです

個人的にこれまでのランク上下の査定はほとんど機能していなかったと言っても過言ではないと思っているので、今回のアップデートはめちゃくちゃ嬉しい

やっと高ランク帯棒立ち奴から解放されるのかと思うと胸熱…

 

ちなみに、これまでの査定方法は、

■殺人鬼 → フック吊り回数、殺傷人数で評価

■生存者 → 合計獲得BP(ブラッドポイント)で評価

 

で、『エンブレムシステム』ってなんぞ?

 

新たに設けられた『エンブレムシステム』は、殺人鬼・生存者共通の『エンブレム』の数と階級で評価されるものです

エンブレムは1マッチにつき最大4種類獲得できます

4種類のエンブレムそれぞれに評価基準が定められていて、それぞれの基準においてどれだけ高評価を得られたかがランク査定に影響するとのこと

 

※参考リザルト画像(生存者側)

f:id:ty-voix:20180411124842j:plain

f:id:ty-voix:20180411124845j:plain

f:id:ty-voix:20180411124848j:plain

f:id:ty-voix:20180411124851j:plain

 

階級ってなんなんや!どうすればいいエンブレムもらえるんや!!

 

エンブレムの種類と同様、エンブレムの階級も4種類存在します

階級とpip獲得基準は下記の通りでっす!

 

■エンブレムの階級

獲得失敗 銅(Bronze) 銀(Silver) 金(Gold) 彩(Iridescent)
0P 1P 2P 3P 4P

 

■pip獲得基準

エンブレム評価 獲得pip
0~5P -1pip
6~8P ±0pip
9~13P +1pip
14~16P +2pip

 

どんな行動取ったらいいの?悪いの?

 

ゲーム内のプレーヤーの行動によってエンブレムの評価は上下します

てことで、エンブレムの種類と殺人鬼・生存者でどんな行動をすればいいのか、また悪いのかを見ていきましょう

 

■殺人鬼

・扉を守る者(Gatekeeper)

マップ内に残っている修理未完了の発電機の数を基に毎秒評価が加算

修理途中の発電機には評価ボーナスが与えられる

発電機の修理を完了させずにマッチを終了するとボーナスが加算

 

・邪悪な意思(Malicious)

生存者を負傷、捕獲、瀕死、フックに吊るすといった行動で評価が加算

負傷、瀕死は治療が完了すると加算が取り消しとなる

フックに吊るした評価の加算は取り消されない

 

・信仰する心(Devout)

処刑、殺傷(Memento Mori等)、ゲームオーバー(逆トラバサミ発動)により評価が加算

どの方法でも評価は同等

なお失血死は評価されない

 

・追跡者(Chaser)

生存者を発見する、生存者に攻撃を当てることで評価が加算

チェイスの時間が短いほど評価が高い

 

■生存者

・光をもたらす者(Lightbringer)

マップ上の発電機全体に対する修理参加率により評価が加算

呪いのトーテム浄化完了、脱出ゲート解放でも評価が加算される

 

・不屈(Unbroken)

1度も瀕死にならずに生還することで「彩」を獲得

1度以上瀕死になると「金」までしか獲得できない

死亡した場合は生存時間により評価されるが、最高でも「銀」までしか獲得できない

 

・慈善(Benevolent)

生存者1人がフックに吊られる度に生存者全員の評価が減算

フックに吊られた生存者を安全に救出した場合、その時点でマップ内にいる生存者全員の減算が取り消され、救助者にボーナスが加算

救助が安全でない場合、救助者の評価が減算

(与えられた猶予(Borrowed Time)がどうなるのかは調査中…)

治療、生存者を運搬中の殺人鬼をスタン or 攻撃を受ける行為(肉壁)は評価に加算

 

・逃亡者(Evader)

殺人鬼の近くにいて、なおかつ見つかっていない時間により評価が加算

殺人鬼の近くにいればいるほど評価が高い

チェイス中、攻撃を受けずに殺人鬼を撒くと評価が加算

チェイスの時間が長くなるほど高評価となり、15秒ごとに評価が加算

殺人鬼の攻撃を受けるとそれまでに加算された評価が半分になる

 

まとめ

 

殺人鬼は今までと大きく変わった感じはないですね

ただ、這いずり放置 → 失血死をさせてしまうと評価が0点になってしまうので、その点は注意です

 

生存者はかなりランクが上がりにくくなったように感じます

エンブレムシステムが実装されて数戦してみましたが、今までだったらpipもらえてたなーっていうマッチでも0pipのことがしばしば

隠密プレイは低評価になりそうなので、積極的に味方の救助や脱出につながる行動を取っていきましょう

 

疲れたので今回はここで終わりにします

 

ちなみに、下記リンクを参考に(というか引用)してる部分がほとんどなのでこっちを見れば全部書いてありますw

【4/11更新:1.9.4】アップデート情報(日本語訳) :: Dead By Daylight Japan

 

DbDをプレイして長い人はこっちを見た方が早いと思います

僕はなるべく初心者寄りの書き方をしていきたいと思っているので、そういった人の参考になれれば幸いです

 

ではでは〜

 

【デッドバイデイライト】旧正月イベント実施中!『ハントレス』や『デイビッド・キング』のスキンが入手可能!

f:id:ty-voix:20180219125345j:plain

 

2018/2/20 追記

2018/2/28 追記

 

どうも、ty(てぃー)です。

 

Dead by Daylightのアップデート1.9.2が配信されましたね。

ゲーム内バランスの調整もありましたが、やはりメインは旧正月イベントでしょう。

イベントを進めていけば限定スキンを入手することができますので、この機会を逃さずにバリバリプレイしていきましょう!

 

 

ver.1.9.2 旧正月イベント『HOWLING GROUNDS』 

 

2018/2/17 ~ 3/1まで開催される予定のイベント『HOWLING GROUNDS』というイベント開催中。

(ver.1.9.3アップデートで日本時間 3/6(火) 朝4時までに変更)

イベント期間中はブラッドウェブに『Red Envelope(赤い封筒)』というオファリングが現れます。

ブラッドウェブで赤い封筒を入手し、それを使用してゲームを開始するとマップ内にイベント限定の発電機(ルナジェネレータ)フック(ルナフック)が出現。

赤い封筒1つにつき発電機とフックが1つずつ出現するので、キラーとサバイバー全員が赤い封筒を使用すれば最大で5のルナフックとルナジェネレータがマップ上に出現することになります。

 

f:id:ty-voix:20180219133659p:plain

 

キラーとしてサバイバーをフックに吊るす、サバイバーとしてルナジェネレータを修理するとブラッドポイントの獲得が大幅に増加(+4500ポイント)するのでイベントを活用してたくさんブラッドポイントを獲得しましょう。

※ルナジェネレータの修理は自分以外のサバイバーが修理したものでもOK

赤い封筒を使用していないサバイバーはポイントがもらえない模様

詳細確認中…

 

コインを集めて限定スキンをゲットしよう!

 

赤い封筒が使用されているゲームに参加し、ルナフックにサバイバーを吊るすと『Burnt Coin(焦げ付いたコイン)』を、ルナジェネレータを修理すると『Golden Coin(金のコイン)』を獲得することができます。

ブラッドポイント同様、自分以外のサバイバーが修理したルナジェネレータも有効

 

f:id:ty-voix:20180219133845p:plain

 

焦げ付いたコインを40枚集めると『ハントレス』の限定スキンを、金のコインを80枚集めると『デイビッド・キング』の限定スキンと交換することができます。

加えて、イベント開催期間中にプレイヤー全体で1000万枚以上のコインを獲得することができれば『フェン・ミン』の限定スキンが全員に配布される予定となっています。

個人的にはフェン・ミンのスキンが一番欲しいですね。

(1000万枚の全体目標達成により、ver.1.9.3アップデートでフェン・ミンのスキンが配布確定!)

 

f:id:ty-voix:20180219133251p:plain

 

賛否を呼ぶゲームバランスの調整

 

旧正月イベントで盛り上がる中、アップデートと共に行われたゲームバランスの調整が賛否を巻き起こしています。

『ビル』の固有パーク『Borrowed Time(与えられた猶予)』(通称"ボロタイ")の仕様変更です。

これまでのボロタイはゲーム中に一度だけ発動することが可能で、救助した側にも救助された側にも効果が発揮されるものでした。

今回の仕様変更で、ゲーム中に何度でも発動することが可能、効果が発揮されるのは救助された側のみという仕様に変更されました。

正直めっちゃ強くなってませんかね、これ。

キラーは基本的に傷ついているサバイバーを狙ったほうがゲームを有利に進めやすくなるわけですから、「無限に発動できる代わりに助けた奴には効果ないから!」と言われても弱体化したとは思えないわけで。

さらに、這いずり状態のサバイバーを抱えている途中での板スタンやライトスタンも有効になったということでかなりの批判が殺到している様子…

批判が殺到したのか、以前の仕様に戻ったようです

 

とにかく楽しんでやりましょう!

 

プレイヤーからの様々な意見を取り入れながらのゲームバランス調整はとても難しいことだと思います。

キラーやサバイバーの追加、各種イベントなど『デッドバイデイライト』運営チームはすごく頑張ってくれているなぁと個人的には思うので、あまり叩くようなことはせず楽しんでやっていきましょうよ。

あくまでゲームですから。

ってことで、イベントやってくるぜー!

 

Dead by Daylight 『ジグソウ』の参戦が正式発表されたよ!

f:id:ty-voix:20180124144627j:plain

 

2018 / 1 / 25 追記

 

どうも!

デドバイ歴1~2ヶ月、サバイバーランク15のtyです!

 

 

久しぶりにブログ更新!

最近ハマっている『Dead by daylight(デッドバイデイライト)』というゲームの新情報が出てやや興奮気味!

 

※余談ですが、日本でPS4版をプレイしたい場合は『北米版』のパッケージを購入する必要がありますのでご注意を 

 

ということで今回は、新たに登場したキラーやサバイバーについて書いていこうと思います!

 

 

  

いよいよ登場!映画『SAW』の殺人鬼! 

 

今回のアップデートで以前から噂されていた『ジグソウ』がいよいよ登場するようです。

 

youtu.be

 

(もうドワイトをいじめないであげて…)

 

新たなキラーの追加に伴って、新サバイバー、新マップも追加されます。

より一層『Dead by Daylight』を楽しむことができそうです!

 

新キラー『The Pig(ザ・ピッグ)』

 

f:id:ty-voix:20180124144627j:plain

 

新たに追加された新キラーは『The Pig』としてゲームに参加します。

豚のかぶりものを装着した『ジグソウ』は通称 ”彼女” と呼ばれていて、原作を知っているファンの方なら何者なのかすぐに分かるそうです。

tyは何のことなのかさっぱりなのでこの記事を書いたあとで観てみようと思います。

『The Pig』は、心理戦を得意としたキラーのようです。

原作も同様に心理戦を得意としたキャラクターのようなので、ますます原作を観ておかなければなりませんね。

 

 

キラーとしての特徴

 

現在確認できている『The Pig』のキラーとしての特徴は以下のようなものがあります。

 

能力『JIGSAW's Baptism(ジグソウの洗礼)』

 

■キラー側にはなかった屈(かが)む動作が追加。

・屈むことによって生存者側には心音が聞こえなくなる。

(屈んでから心音が消えるまでには4~5秒必要)

屈んでいる時の移動速度は歩いているサバイバーに追いつくことは容易、走っているサバイバーには少し離される程度のスピード。

・屈んだ状態から攻撃ボタンを長押しするとダッシュしながらの奇襲攻撃を行うことが可能。

(移動範囲は3~4m程度で旋回しながらの攻撃も可能)

屈んだ状態では隠しナイフを収納しているので即座に攻撃することはできない。

・屈んだ状態から板の破壊、発電機へのダメージ、窓枠を超えるなどの行動が可能。

アクションの際に一度立ち上がるが心音の消失は維持され、その後、屈み状態に戻る。

(ちなみにレイスは透明状態から板を破壊する際に心音が復活する)

 

■瀕死の生存者に逆トラバサミをセットすることが可能。

動画で『ドワイト』らしき男性が設置されてますね…

 

f:id:ty-voix:20180124144821j:plain

 

・逆トラバサミはゲーム開始時に4つ所持。

逆トラバサミをセットされた生存者は、※特定の条件 を満たしてしまうことで逆トラバサミが発動し殺害されてしまう。

※特定の条件

脱出ゲートを超えようとした時

脱出ゲート直前で発動)

・タイマーが作動してから一定時間(150秒)経過

(這いずり時、チェイス中はタイマー停止)

 タイマーは発電機の修理が1つでも完了した時に作動する

・逆トラバサミを解除するにはマップ上に落ちている『ジグソウボックス』から鍵を手に入れなければならない。

ジグソウボックスはステージ内に4つ存在し、キラーは常にオーラが見えている状態、サバイバーは逆トラバサミを仕掛けられることでオーラを見ることが可能になる。

(キラー側のアドオンで逆トラバサミを仕掛けられた状態でも見えないようにすることが可能)

・4つの内、どのジグソウボックス使っても解除が可能なわけではない。

選択したジグソウボックスに鍵が存在していなかった場合、画面左に『マカブルサーチ』と表示され、100ポイントを入手できるだけで逆トラバサミは解除されない。

その際、ジグソウボックスの上に置いてあるビリー人形が笑い声をあげる。

(正解のボックスのビリー人形は笑い声をあげない)

この笑い声がキラーに聞こえるのか、ジグソウボックスでの解除に失敗したことがキラーに通知されるのかは現段階では不明。

・逆トラバサミを仕掛けられている状態サバイバーが移動すると「カチャカチャ」という金属音を発する。

屈み状態の移動でも音は発せられ、サバイバーとの距離が10mくらいであれば聞こえる。

タイマーが発動すると「ピッピッ」というタイマー音が鳴るが、こちらはサバイバーが目の前にいないと聞こえないレベル。

 

逆トラバサミをセットされてしまったサバイバーはそのトラップを外さない限り脱出不可能ということですね…

(ハッチはどうなんだろうか?という疑問が生まれました…。ご存知の方、教えてください。)

ハッチから脱出することが可能でした! 

 

『The Pig』に実装されるパーク

 

Hangman's Trick(ハングマンのトリック)

破壊されたフック、使用済みのフックを自動的に修復するパーク。

対象のフックは30秒後(最大レアリティでは10秒後)に自動的に修復される。

また、サバイバーがフックに破壊工作を仕掛けると通知される。

 

Surveillance(監視)

最後に妨害した発電機1台(最大レアリティでは3台)のオーラを16秒間ハイライトして表示させる。

 

Make Your Choice(自分の意志で選択せよ)

キラーから48メートル(最大レアリティでは32メートル)以上離れた場所でサバイバーが救助されると、救助したサバイバーを一撃でダウンさせられるようになる。

パークの発動後、新たにこの効果を発動させるためには60秒間のクールダウンが必要(レアリティによって時間変化の可能性あり)。

 

なかなか凶悪な感じが漂っていて良いですね…

今から出会うのが楽しみです。

 

新サバイバー『DAVID TAPP(デイビッド・タップ)』

 

f:id:ty-voix:20180124144904j:plain

 

キラーの追加に伴ってサバイバーも新たに追加されました。

その名も『DAVID TAPP』

 

デイビッド2人目…w

 

こちらも原作に登場するキャラクターで、『ジグソウ』を逮捕寸前まで追い詰めた執念深い刑事だそうです。

『ジグソウ』に執着するあまりに『Dead by Daylight』の世界にたどり着いてしまうとは…

 

『DAVID TAPP』に実装されるパーク 

 

■Tenacity(執念)

這いずり状態での移動速度が30%(最大レアリティでは50%)アップ。

また、這いずりをしながらでも回復することが可能。

 

■ Detective's Hunch(刑事の直感)

発電機を修理している時、32メートル以内の発電機、チェスト、トーテムのオーラをx秒間見ることができるようになる。

(情報収集しきれませんでした…近く更新します。)

 

■Stake Out(張り込み)

キラーに追跡されていない状態でキラーの心音範囲内に一定時間滞在すると15秒ごとにトークンが1つ溜まる(最大2~xまで)。

トークンが溜まっている状態で発電機を直すと、スキルチェックのグッドがグレート扱いになる(グッドをグレート扱いにするたびにトークンを消費)。

 

『Tenacity(執念)』と『Unbreakable(不滅)』を組み合わせたらおもしろいかもしれませんね。

呪いのトーテムを積極的に破壊したいtyとしては『Detective's Hunch(刑事の直感)』をゲットしたいところです。

 

新マップ『Gideon Meat Plant(ギデオン食肉工場)』 

 

f:id:ty-voix:20180124145011j:plain

 

新マップは『Gideon Meat Plant』というマップだそうです。

映画『SAW 3』で似たような舞台があり、それをモチーフにしたのではないかと言われています。

(あぁ…もう3まで観なきゃいけなくなってしもた…)

 

そのほか、『ジグソウ』が拷問器具を作っていた場所や1作目の密室に似た雰囲気の場所も用意されているみたいです。

 

f:id:ty-voix:20180124144955j:plain

 

マップ全体が迷路っぽくなっているみたいなので慣れるまでは大変そうかもしれません。

レリー研究所にも慣れなきゃいけないのになぁ…

 

今後も情報更新していきます! 

 

まだ新キラーや新サバイバーで実践したこともマッチングしたこともありませんので、実際にプレイしたり使ってみたりした所感は追記していきます!

情報が不足している部分も追記予定です!

ではまた!

 

PS4版の『Dead by Daylight』フレンド募集中です!

よければ一緒にやりましょー!

PS ID → 『tyvoix』です!

お気軽にお声がけください!

 

現在プレイ中のタイトルを紹介!『The Last of Us Remastered(ザ ラスト オブ アス リマスター)』

 

どうも、tyです。

 

コアなゲームファンじゃなくても楽しむことができる超名作ゲー

The Last of Us Remastered(ザ ラスト オブ アス リマスター)」

 

その魅力を余すところなくお伝えしていきたい所存!

 

傑作サバイバルアクションとして全世界で200以上のゲームアワード受賞!

 

大手海外メディアのレビューでも満点続出!

 

世界中から高い評価を獲得し、賞賛を浴びているゲームです。

 

衝撃的なストーリーや美しいグラフィック、作品にマッチした音楽や音響など…

 

映画のように臨場感溢れる演出が特徴的な「The Last of Us」の世界にぜひ浸って欲しいという思いからこの記事を書いております。

 

それではどうぞ!

 

 

 

 

The Last of Us Remastered」ゲーム概要

 

タイトル The Last of Us Rmastered
開発元 ノーティードッグ
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日 2014年8月21日
価格

BD版 5900円

DL版 4900円

対象年齢 CERO:Z(18才以上のみ対象)

 

The Last of Us は、アンチャーテッドシリーズの開発会社であるNaughty Dogが開発したタイトルです。

 

これまでにNaughty Dogが開発した作品の中では最大級のボリュームだそうな。

 

また、Naughty Dogでは初めて取り扱われたCERO:Z(18才以上のみ対象)のタイトルで、2017年9月現在、PS3版とPS4版(HDリマスター版)が発売中。

 

PS4版は、720p、30fps から1080p、60fps へとグラフィックが強化されているので、これからプレイするぞ!って人は是非PS4版を。

 

ストーリーは、最愛の娘を失った中年の男性「ジョエル」と、特異な抗体を持つ少女「エリー」が様々な困難を乗り越えていく様子を描いたもの。

 

舞台は謎の寄生菌にが猛威を振るうアメリカ。

 

一人の男と一人の少女の行く先にはどんな未来が待ち受けるのか?

 

ゲームシステム

 

基本的なゲームシステム

 

ゲームは三人称視点がメイン。

 

操作できるキャラクターは主人公のジョエルが基本。

 

時々エリーを操作することもあります。

 

操作するキャラクターによって所持品や戦闘のスタイルが変わります。

 

シチュエーションに応じてプレイスタイルを柔軟に変えていきましょう。

 

引用元:The Last of Us 公式

 

引用元:The Last of Us 公式

 

感染者とハンター

 

このゲームの世界で登場する敵は主に2種類。

 

「感染者」は、寄生菌に侵されてしまった人のことで、感染していない生存者を攻撃して感染を広げようしてきます。

 

最悪ですね。

 

どんどん倒していきましょう。

 

感染の進行度合いによって脅威の度合いも上がっていくので、立ちはだかる感染者がどのタイプなのか見分けられるようにしましょう。

 

ランナー(感染初期)

引用元:The Last of Us 公式

 

クリッカー(感染第3段階)

引用元:The Last of Us 公式

 

ブローター(感染最終段階)

引用元:The Last of Us 公式

 

「ハンター」は、他人を脅かし攻撃することで資源を奪おうとする人間。

 

この世界で本当に恐ろしいのは、感染者ではなく理性を失った人間です。

 

「ビル」(ジョエルの知り合い)も「感染者は(人間と違って)行動が予測できる」と語るように、同じ人間であるが故に行動が把握しづらく、感染者以上の脅威かもしれません。

 

引用元:The Last of Us 公式

 

引用元:The Last of Us 公式

 

戦闘システム

 

このゲームは、銃を手当たり次第に乱発したり激しい銃撃戦に身を投じたりといった場面は少ない(そう)です。

(tyは弾を持っている分だけぶっ放してしまいますが…)

 

基本的には壁や物陰に隠れながら行動して敵と接触しないように進んでいく方が無難です。

 

なぜなら、敵から受けたダメージが自動で回復することはなく、回復には「治療キット」というアイテムを使う必要があるからです。

 

資源が豊富ではないこの世界で治療キットを作ることは容易ではないのです。

 

なので、いかに敵との戦闘を回避できるかというのがゲーム攻略の鍵となってきます。

 

戦闘時に使える武器は拳銃やライフル、ショットガンや火炎放射器などの小型なものがメイン。

 

ロケットランチャーやグレネードランチャーのような超火力の大型武器はありません。

 

ストーリーを進めると使える武器が増えたり、武器を改造して強化することもできます。

 

また、火炎瓶や自作の爆弾といったものもストーリーが進行するにつれて使えるように。

 

状況に応じた最適なアイテムを選択するようにしましょう。

 

登場キャラクターの紹介

 

ではでは、このゲームに登場するキャラクターを少しだけ紹介します。

 

ジョエル・ミラー

引用元:The Last of Us 公式

 

The Last of Us の主人公。

 

強面で厳しい雰囲気を持ち、口がめっちゃ悪い。

が、根は優しい模様。

 

寄生菌による侵食が発生する前に生まれ、世界が滅びていく様子を見ている。

 

同時に軍の兵士によって娘の「サラ」を射殺される壮絶な経験も。

 

ある事情からエリーと旅をすることとなる。

 

面倒に思っていたが様々な困難を共に乗り越えていくことで次第に信頼関係を築いていく。

 

エリー・ウィリアムズ

引用元:The Last of Us 公式

 

寄生菌によって世界が崩壊したあとの世界に生まれた少女。

 

とても気が強く、大人の男性にも平気で立ち向かっていく。

 

生まれてからずっと隔離地域で生活してきたため外の世界を知らずに育ったが、ジョエルやテス(後述)に出会い外の世界を知る。

 

感染者に噛まれても感染しないという特別な体を持っているがゆえに「ファイアフライ」という軍への抵抗勢力組織から狙われている。

 

テス

引用元:The Last of Us 公式

 

ジョエルのサバイバルのパートナー。

 

ジョエルに似た性格で生き延びるために手段を選ばない。

 

敵とみなした人間には一切容赦しないが仲間は大切にする。

 

行動を共にすることになったエリーを頻繁に気遣う優しい描写もある。

 

映画のような世界観

 

このゲームの舞台は寄生菌によって人類が絶滅の危機に瀕しているアメリカ。

 

感染を逃れた人々は「隔離地域」と呼ばれる場所でひっそりと暮らしている。

 

そこは、「治安維持」の名目のもと軍に支配された世界で、感染の疑いがある人は容赦無く処刑されてしまいます。

 

また、そこから逃げ出しても隔離地域から一歩外に出れば至る所に感染者がはびこっていて逃げ出すことができません。

 

恐怖に満ちた世界には何の希望もないように思えますが、人間の文明活動が止まり緑が生い茂った世界は残酷さの中にも美しさがあり、ささやかな癒しを得ることができます。

 

また、反発し合いながらもお互いを助け合い、親子以上の信頼関係を築いていくジョエルとエリーの心情の変化の移ろいは、映画を見ているような気持ちになること間違いなし!。

 

まとめ

 

どうでしょうか?

 

The Last of Us」の魅力が少しでも伝わったでしょうか?

 

様々なことを感じさせてくれる名作だとtyは思っています。

 

プレイしないときっと後悔しますよ!

 

ぜひプレイしてみてください!